虫歯 虫歯ゼロのススメ
HOME>>知ってる?虫歯のこと

知ってる? 虫歯のこと

ここまで読んでいるだけでも頬を押さえたくなるようなことばかりでしたので、最後に一息入れませんか? 自分に入れ歯などというものは縁がない、そう思っていられるのも今のうちかもしれませんよ。少しでも虫歯を理解し、将来高齢になっても自分の歯でおいしく食事ができるようにしましょう!虫歯を知ることで、虫歯に対する予防策を取る事ができます。


口移しをすると虫歯がうつる!

歯の生えていない赤ちゃんにはもちろん虫歯はありません。ですが、歯が生え始めて離乳食もスタートし、口移して物をたべさせたりすると虫歯までうつしてしまいます。虫歯の原因になるのは虫歯菌です。口移しや同じ箸やスプーンで食べ物を与えたり、スキンシップによるキスなどから虫歯菌が子供にうつってしまいます。これはしっかりとしたデータがあります。母子の虫歯菌の量の一致、母子の虫歯菌の種類と遺伝子が合致する、虫歯菌の血清型などのパターンが同じ、等が挙げられます。こういうことから、母親が虫歯予防を心がけて虫歯菌を減らすことで、子供の虫歯予防にもなるということになるのです。もちろん日々のケアも大切です。小さい頃から歯磨きの習慣をつけ、自分で磨きたいといっても、最後の仕上げ磨きは大人の人が行うようにしましょう。生まれたての赤ちゃんのクリの中には虫歯菌はいないのです。大人が可愛がるあまり、子供を虫歯にしてしまうと言ってもいいかもしれません。

top

歯周病の治療をすると虫歯になりやすい?

歯周病と虫歯は全くの別物です。歯周病は歯茎や歯を支えている骨に影響が出ます。ひどくなると歯が抜け落ちてしまうこともある病気で、糖尿病と深い関わりがあると言われています。歯周病を放置しておくと、歯を失うことになるばかりか、命まで落としかねない恐ろしいものなのです。この歯周病の治療を行うと、虫歯になりやすいと言われていますが本当でしょうか。歯には象牙質とエナメル質がありますが、ゴシゴシと磨くような無理なブラッシングや、高齢になって歯茎がやせてくると、歯と歯茎の境目から象牙質が出てしまいます。この象牙質はエナメル質よりも酸に弱く、元々虫歯になりやすい性質を持っています。歯周病の場合は歯茎がはれていることがほとんどで、歯周病を治療して治るということは歯茎の腫れもおさまってくるということです。そうすることにより歯の根の部分が露出し、虫歯になりやすくなるというわけです。どちらにしろ、歯周病になる前から口の中のケアを行っていればさけられることです。歯周病は様々な病気を呼びますので、口の中はいつも清潔でいるようにしなければいけません。

top

フッ素とフッ素配合歯磨き剤

フッ素は副作用を心配している声もあがっていますが、虫歯対策に使われるフッ素の量であれば副作用の心配はありません。ですから、歯科医院でフッ素を塗ってもらったほかに、日頃からフッ素が配合されている歯磨き剤やデンタルリンスを同時に使っても問題ありません。むしろ、重複して使うことによって、虫歯予防の効果があがるでしょう。積極的に使っていきましょう。

top

ずっと健康な歯を

永久歯を抜いてしまうとブリッジや部分入れ歯、場合によっては総入れ歯にしなくてはいけません。歯がないままでいると、体に様々な不調が現れてしまいます。厚生労働省は、8020運動として、80歳で20本の歯を残しましょうと呼びかけていますが、現実的にはどうなのでしょうか。多くの80代の人は10本残っているかいないかの状態です。そんな中でも20本以上自分の歯が残っている人は、日頃から早めに治療を行い、痛くなる前に治してしまうのだそうです。自分なりのケアも重要なのは言うまでもありません。80代になっても自分の歯でおいしくご飯が食べられるのは幸せなことです。早めに治療を行っていれば残せた歯も、時間がない、お金がかかるなどと怖さに理由をつけて治療を行わないでいると、失ってしまうことになるのです。

top
虫歯を知ろう!
虫歯を治そう!
虫歯雑学
知ってる?虫歯のこと