虫歯 虫歯ゼロのススメ
HOME>>虫歯の進行

虫歯の進行

歯というものは、硬い組織でできています。エナメル質、象牙質からなり、中には神経や血管で形作られている歯隋というものがあります。虫歯になると、これらが溶けてしまい、段階を踏んで虫歯がひどくなっていきます。


C0

C0の段階ではごく初期の段階で、歯を削る必要はありません。痛みもないでしょう。この段階では、黒ずんだり、穴が開いたりといったことはありません。歯の表面が溶け始めているといった状態です。歯の虫歯になりかけている部分が白っぽくなるのが特徴ですが、きちんとした歯磨きや、フッ素を塗ることによって虫歯を防ぐことができます。

top

C1

C1の状態は、歯の表面の虫歯と言ってもいいでしょう。エナメル質が侵され始めていますが、この部分には神経が通っていないので痛みもありません。自覚症状がありませんが、定期的に歯科検診に言っていれば、歯科医師が見つけてくれるでしょう。歯の表面に艶がなくなり、茶褐色になる場合もあります。この段階で虫歯を見つけることができれば、麻酔も使わずに少し削るだけでよく、詰め物をするだけで済みます。1度の治療で終わることが多いので、できればこの段階で気づきたいものです。

top

C2

C1よりも神経に近いところまで侵されてしまった虫歯です。見た目もハッキリと穴が認められ、色も黒っぽくなっているのですぐに気づきます。冷たいものや熱いものがしみるようになり、痛みも感じるようになるでしょう。治療は麻酔を使う場合もあり、詰め物もC0と違って型を取る必要があるので、多少治療に時間がかかります。削る部分が広かったり、1本の歯にいくつも虫歯ができている場合などは、詰め物ではなく、クラウンになる可能性があります。この場合は更に治療に時間がかかります。

top

C3

これは神経にまで達してしまっている虫歯です。物を食べたときだけではなく、何もしていないときでも痛みを覚えます。痛みが激しすぎて、自分でもどこの歯が痛んでいるのか分からない状態になってしまいます。麻酔も効きづらいこともありますが、神経を取り除く治療を行わなければいけません。根管治療も必要で、鍼のような器具を虫歯の中に刺して神経や炎症部分を取り除く治療が行われます。市販の鎮痛剤なども効かない程痛みがありますが、それでも治療に行かずに我慢していると、痛みが消えることがあります。これは神経が死んでしまっただけで虫歯が治ったわけではありませんので、忘れた頃に歯茎が腫れて食事ができなくなったり、歯がボロボロになって割れてしまったりします。こうなると治療も困難で抜歯しなければいけなくなりますので、そうなる前に、きちんと治療を受けなければいけません。

top

C4

ここまで来ると末期で、歯も崩れてしまっているでしょう。根だけが残っている状態にもなります。神経もすでに死んでいて、腐敗するために膿も出てきて臭うようになります。神経がやられているために、虫歯としての痛みがなくなる変わりに、歯茎に強烈な痛みを覚えるようになります。膿をもつようになると、なにをやっても痛みがなくならない状態でしょう。そのせいで発熱してしまうこともあります。頬やあごのリンパ腺が腫れ、物を噛むことができなくなるでしょう。根の状態が良ければ義歯を入れることもできますが、ほとんどの場合、残すことはできずに抜歯になるでしょう。そのうえでブリッジや部分入れ歯を入れることになります。

top
虫歯を知ろう!
虫歯の進行

虫歯を治そう!
虫歯雑学