虫歯 虫歯ゼロのススメ
HOME>>唾液の重要性

唾液の重要性

これまでのページの中で、折りに触れて唾液のことが出てきていましたが、虫歯を防ぐためには唾液がとても大事だということに気づいてきたでしょう。睡眠中はほとんど分泌されない唾液ですが、1日500ml前後の量が分泌されます。牛乳パック半分の量なのですから驚きですね。

唾液の働き

唾液は唾液腺から分泌されます。この唾液腺、奥歯の辺りの内頬に2箇所、舌下に1箇所、左右対称になっているので、口の中には6箇所も唾液の出る場所があるのです。その他にも、粘膜にある小さな腺からも分泌されているのです。唾液の働きを見ると、驚くほど多くの働きをしていることが分かります。

  1. 虫歯を防ぐ
  2. 生えてきた歯の表面を硬くする
  3. 歯や骨の石灰化を促進する
  4. でんぷん質を分解する
  5. 噛みやすく、飲み込みやすくする
  6. 口の中のphを一定に保つ
  7. 口の中の粘膜保護
  8. 体内の水分量の調節
  9. 口の中を洗い流して清潔にする
  10. 苦味、辛味を薄くする
  11. 口の中の余分なものの排泄
  12. 食べた物をおいしく感じさせる
  13. 殺菌・抗菌作用

唾液は虫歯だけではなく、これほどの働きをしているのです。唾液が少なくなるということは、大変なことなのがお分かりでしょう。

唾液の分泌が減る!?

唾液がちゃんと分泌されなくなるということはどういうことなのでしょうか。どんなことから分泌が抑えられてしまうのでしょうか。まず、食事をあまり噛まないということが一つの原因になります。よく噛めば噛むほど唾液はたくさん分泌されます。ですから、虫歯であまり噛むことができない、歯茎が痛くて噛めないという状態は、益々虫歯を作ってしまう悪循環にもなるのです。ちゃんと治療をしなければいけないということが分かりますね。また、鎮痛剤や利尿剤、血圧降下剤や向精神薬などを服用していると、唾液の量も減ってしまいます。お腹を壊していたり、発熱していたり、大量に汗をかいたときなども唾液の量は減少します。

唾液検査

虫歯予防のために、唾液検査をしてくれる歯科医院もあります。まずガムを噛み、唾液を分泌させます。その唾液を使い、ミュータンス菌の数を調べます。次に、虫歯に対する抵抗力を調べていきます。採取した唾液のphを調べるのです。中性の状態だと、phが6〜7になりますが、食べ物を口に入れることで虫歯菌が活発になり、酸性に傾きます。口の中を酸性から中性にもどそうとする唾液の働きを調べるということです。これを唾液緩衝能と言います。更に食生活や歯磨きの状態、フッ素を使用しているかいないかなどを総合的に見て、虫歯になりやすいかどうかが分かります。

top

唾液が少なくなると

唾液が少なくなると、様々な弊害が出てきます。唾液で汚れを流すことができなくなるので、虫歯になりやすくなり、歯周病にもかかりやすくなります。唾液が少なくなることで口の中が乾き気味になり、粘膜が赤くなってしまう場合もあります。ヒリヒリするので歯磨きができなくなり、そんなことから口の中のケアができずに、更に虫歯になりやすいという悪循環を生んでしまいます。

top

唾液をたくさん出そう

唾液が大切な役割をしていることが分かりましたね? では、たくさん唾液を出すためにはどうしたらいいのでしょうか。それは、食事のときに良く噛んで食べるということです。一口30回以上噛むのが理想ですが、慣れないうちは食べることが辛いかもしれません。最初はゆっくりと噛んで食べる習慣から始めましょう。子供の場合は、柔らかいものだとすぐに飲み込んでしまいますので、ある程度歯ごたえのある、硬いものを食べさせるようにしましょう。唾液をたくさん出すということは歯の健康にもつながり、結果的には体の健康にもつながっていくのです。

top
虫歯を知ろう!
唾液の重要性

虫歯を治そう!
虫歯雑学