虫歯 虫歯ゼロのススメ
HOME>>子供の虫歯

子供の虫歯

子供の頃、虫歯の痛さに泣いた記憶はありませんか? 大人でも怖い歯医者は、子供にとっては恐怖以外のなにものでもなかったような気がします。永久歯に比べて、どうしても乳歯は弱いようです。虫歯から守ってあげられるのは、子供自身ではなく、私たち大人なのです。

乳歯の虫歯

乳歯は永久歯に対して弱いものです。それは、エナメル質、象牙質が永久歯よりも薄いため神経にも近く、透明度である石灰化ども低いため、透明感がなく、虫歯になりやすいと言えます。3歳前後で上下10本ずつの歯が隙っ歯の状態で生え揃います。隙間があいているのは、乳歯より大きい永久歯が生えてきたときの場所を確保しているためです。3歳を過ぎて歯が生え揃っても、虫歯が多く見られるのも3歳を過ぎた頃からです。虫歯になりやすい歯は永久歯と同じですが、下前歯が虫歯になるようでしたらかなりの重症です。子供の虫歯の特徴として、虫歯が急に進行するために、痛みも急激で、歯茎が腫れたりします。そうなる前に、唾液をしっかり出すためにも、食事のときはよく噛んで食べるように躾けなければいけません。

生え変わり

乳歯から永久歯に生え変わる頃、これまで大人が歯磨きなどに気を使っていたものが、成長と共に、自分で歯磨きしたり、おやつを食べるようになるでしょう。抜けて生え変わらない歯もあれば乳歯もあり、永久歯が顔を出していても、しっかりと噛めるようになるまでは1年もかかります。こうしたことから、乳歯の頃よりも歯磨きがきちんと行き届いていないことも起きてしまいます。生え変わりの頃こそ、子供の歯に目を向けて、しっかりとした口内ケアが必要なのです。

top

定期的にフッ素を

虫歯予防にはフッ素がいいと、子供がいる親なら誰でも知っているのではないでしょうか。理想的なのは、乳歯が生え揃った頃に1度、永久歯の生える頃に1度フッ素を塗るのがいいでしょう。フッ素を塗ることによって、虫歯の元になる酸に強い歯にすることができます。保険の利かないものですが、虫歯になることを考えると、塗っておいた方がいいでしょう。歯科医院で塗布してもらう方法のほかにも、フッ素が入っている歯磨き剤や口をすすぐタイプの洗浄剤などもあります。歯科医院で販売されている歯磨き剤は、フッ素が入っていて研磨剤の入っていないものが多いので、歯を大切にする気持ちがあるのであれば、歯科医院で歯磨き剤を購入することをお勧めします。もちろん、フッ素だけに頼るのではなく、日頃からの歯磨きの習慣も大切です。フッ素を塗っているからといって歯磨きをおろそかにしていると、せっかく塗ったフッ素も無駄になってしまいます。基本的に、年に3〜4回、フッ素を塗るのが理想的です。上記したように、乳歯が生え揃うころ、永久歯が生え揃う頃に3〜4回のフッ素を塗って、虫歯を予防していきましょう。

top

フッ素の副作用

小さな子供がいるお母さんの間で、フッ素の副作用を心配する声もチラホラと聞こえてきます。フッ素には副作用があるのでしょうか。まず、歯が黒くなるのではないかという疑問ですが、フッ素を塗ったからといって歯が黒くなることはありません。虫歯の進行止めを塗ると黒くなりますが、これとフッ素を一つに考えているのではないでしょうか。確かに、エナメル質が構成される時期に大量にフッ素を摂取すると、歯が白く濁ったり、白い縞ができる場合があります。骨硬化症や関節の運動障害が現れる場合がありますが、これはあくまでも全身的に大量に摂取した場合であって、虫歯予防で使われるフッ素の量は決められています。副作用が出るような量は使いませんので心配はいりません。フッ素の入った歯磨き剤や口内洗浄剤などを重複して使うことがあっても心配はいらないのです。

top
虫歯を知ろう!
子供の虫歯

虫歯を治そう!
虫歯雑学