虫歯 虫歯ゼロのススメ
HOME>>治療の種類・重度〜末期

治療の種類・重度〜末期

散々痛みをこらえ、食事もできなくなってから治療に行く人も多いでしょう。痛みに耐えれば耐えるほど、治療期間も長くなります。我慢は時間もお金も無駄にしますので、こうなる前に治療に行く事が先決です。


神経・根の治療

神経や根の治療を根管治療と言います。虫歯がかなり進行してしまった場合に行われる治療で、リーマー、ファイルと呼ばれる針のような器具を使い、歯の神経を取り除いて根の治療をするものです。この治療はすぐには終わりません。なぜなら、見えない神経を手探りで取り除くので、慎重にならざるをえないのです。神経や細菌を取り残した状態で上から詰め物をしたりかぶせ物をしてしまうと、あとから様々なトラブルが発生し、一度つめた物やかぶせた物を取り除かなくてはいけなくなってしまいます。どの歯科医師も、歯や歯茎、痛みなどの状態を見ながら治療しますので、恐らく時間がかかるでしょう。神経を抜いてしまった歯は、部分的にとても割れやすくなっています。そうなると結果的には抜歯になる場合があります。

top

3mix-MP法

聞きなれない治療法かもしれませんね。この方法は、抗生物質3種類と抗菌剤を混ぜ、虫歯の箇所に詰めて虫歯菌を死なせて治すという方法です。歯を削る範囲が少なく済み、神経も抜かなくてもいい場合もあります。歯を削る範囲が少ないということは、それだけ痛みも少ないということが言えるでしょう。ただし、費用も高くつき、行っている歯科医院も少ないということです。何よりも、まだ信頼できる実績やデータが少ないということが言えるでしょう。また、この方法で治療を行うと、詰め物やクラウンなど、治療全てに保険が適用できなくなる場合もあります。この方法を行う場合には、歯科医師としっかりと疑問点を話し合うことが大切です。

top

オゾン治療(ヒールオゾン)

この治療法は最新の治療法ともいえ、行っている歯科医院はごく稀です。オゾンを使って虫歯菌を死滅させ、歯の再石灰化を促すものです。歯もあまり削らなくていいですし、神経も抜かなくてもいい場合があります。薬剤も一切使わないので安全面でも安心できます。歯をきれいにしたあと、虫歯の状態を調べます。この検査によって、そのくらいの期間、オゾン治療を行えばいいのかが分かります。ヒールオゾン装置を虫歯にかぶせ、オゾンを当てて治療します。その後、フッ素を使って再石灰化を促して虫歯の予防をします。全く痛くない虫歯治療としてテレビなどでも取り上げられていますが、実績やデータがまだ集まっていないのが現状です。この方法が普及すると、虫歯治療も怖いものではなくなりますね。

top

支台築造

クラウンをかぶせるために、虫歯によって失われた土台(コア)を人工的に作ることを言います。例え保険適用外の質の良いクラウンをかぶせても、土台がしっかりしていなければ何の意味もありません。しっかりとした土台ができていれば、あとからクラウンを取り替えることもできます。しっかりと作られるため、やり直しのきかない治療とも言われています。一度作ると取り除くのはとても困難で、歯が割れてしまう場合もあるのです。割れてしまった場合、ほとんどが抜歯になってしまいます。

保険適用

保険のきく土台として、メタルコアやレジンコアがあります。メタルコアの場合、価格も安く、どんな歯にも使えるのですが、金属なので歯が割れる確立も高く、歯茎の変色や金属アレルギーを起こす場合もあります。レジンコアはプラスチックなため、強度に問題があり、奥歯などには使用できません。色も白いので、かぶせた歯から透けて見えることもありません。

保険適用外

ファイバーコア、ゴールドコアがありますが、金属によるアレルギートラブルがありません。歯が割れる心配も少ないタイプになります。ファイバーコアは他のタイプと違い、取り外しが容易にできるというメリットもあります。どんな土台を使うのかは、しっかりと歯科医師と相談して決めましょう。

top

抜歯

虫歯が進行して末期になると、根が再起不能のダメージを受けていることが多いです。根がだめになってしまうと歯を支えていることができなくなり、歯として機能しなくなります。根が割れてしまうこともあるでしょう。こうなると抜歯しか方法はありません。治る見込みのない歯を残しておいても、他の歯や骨などに悪影響が出る場合があるからです。抜歯したあとは、ブリッジや部分入れ歯を入れることになります。放っておくと、周りの歯が隙間に向って倒れてきたりするので、歯並びが悪くなってしまうのです。ただし、親知らずや、他の歯に影響がない場合には、抜いたままにする場合もあります。

top
虫歯を知ろう!
虫歯を治そう!
治療の種類・重度〜末期

虫歯雑学