虫歯 虫歯ゼロのススメ
HOME>>虫歯の治療

虫歯の治療

虫歯の治療、どんなことをするのか気になりますよね。できれば痛くない方法で治療してもらいたいものですが、虫歯が進行しないうちに治療を始めると、期間も短く、すぐに治療が終わります。我慢して先延ばしにしていると、治療も痛いですし、治るまでに長い期間を要してしまいます。治療費も気になるところですね。

保険適用のかぶせ物

かぶせる物の素材によって、健康保険が適用になるものとならないものがあります。ほとんどの人が保険適用内で治療を行うのではないでしょうか。

金属のクラウン

保険が適用になる金属のクラウンとは、一般的に銀歯と呼ばれるものです。比較的多く使われていますが、前歯には使えません。磨り減りにくいというメリットはありますが、見た目があまりよくないです。歯茎が黒っぽく変色する場合もあります。


白いクラウン

これは硬質レジンと呼ばれるものです。主な素材はプラスチックと上記した保険適用内の金属になります。使える歯は前歯になります。歯の表側が白く、裏側が金属になっているかぶせ物です。奥歯の場合、食べ物をかむためにかなりの力がかかります。そのため補強する必要があるため、奥歯には使えません。長期間の使用で、白い歯が黄色っぽく変色してきたり、磨り減ってしまうというデメリットがあります。


top

保険適用外のかぶせ物

保険のきかないかぶせものは、治療費が高額になる分、見た目も自然なものが多いです。もちろんそうでないものもありますが、保険適用のものよりも、見た目のいいものや強度のあるものが多いのです。

ハイブリッドセラミック

セラミックと樹脂を使ったかぶせ物になります。前歯、奥歯、どの歯にも使え、保険適用のプラスチックの歯よりも長く使え、見た目も違和感のないものになります。金属の上にセラミックを重ねて作る方法と、金属を使わずに、強化繊維を入れて補強度をつけて作る方法があります。

ゴールドクラウン

最近ではあまり見られなくなりましたが、金合金で作られているものです。要するに金歯です。歯茎との境目が黒ずむこともなく。自分本来の歯に近い硬さなので、噛み合う歯が傷つくことも磨り減ることもありません。奥歯に向いているかぶせ物になります。

メタルボンド

金属のベースに、セラミックを焼き付けたものです。前歯、奥歯、両方に使え、見た目も自然で変色や磨り減ることがありません。

電鋳メタルボンド

純金とセラミックを使った物です。純金で作ったかぶせ物の上から、セラミックをやきつけているもので、純金ということから、明るい仕上がりになります。歯茎も黒くならず、磨り減りや変色もありません。どの歯にも使えます。

オールセラミック

全てがセラミックで作られています。自分の歯となんら変らない見た目を長期間保つことができます。とても自然で違和感のない歯が作れます。

top

進行具合別の治療法

虫歯の進行具合は、C0、C1などと表記されます。進行具合によって治療法も異なります。このあとのページで治療法を詳しく説明していますが、ここではどんな治療法があるのか、治療期間や費用はどれくらいかかるのかを紹介していきましょう。金額は医療機関によって様々ですので、あくまでも目安としてとらえてください。これらを見ると、虫歯を放っておくと、必要以上に痛い思いもしなければいけませんし、財布の中身も痛い思いをするということが分かります。

C0〜1

まだ痛みのない虫歯の段階では、通院も1度か2度で治療が終わります。主な治療法としては、プラークコントr−ル、フッ素、シーラントになり、ほとんどの場合、保険内での治療になります。1500〜3000円ほどで、仮に保険がきかない場合では4000〜10000円くらいになります。

C2

はっきりと歯に穴が開いていることが確認できるこの状態では、インレーと呼ばれる詰め物や、かぶせ物や差し歯といったクラウンでの治療になります。治療にかかる期間は1回から4回ほどで、費用も2000〜1万円になります。保険適用外だと1万〜15万円と、この辺から費用が跳ね上がってきます。

C3

神経にまで達した虫歯の治療は、インレー、クラウンのほかに、歯の根を治療する根管治療と、土台を作る治療の支台築造をしなければいけません。治療も2〜4回以上になり、費用も4000円から1万5千円、保険がきかないと2万から20万もかかります。

C4

歯が崩れて末期を迎えた虫歯は、上記した治療のほかに、最終的に抜歯をしなければいけない場合があります。費用も7000円から3万ほどかかり、これが保険適用外だと5万から50万もかかります。


top
虫歯を知ろう!
虫歯を治そう!
虫歯の治療

虫歯雑学